加齢臭とデオドラント

加齢臭とデオドラント

昔、加齢臭のことをカレー臭と呼んで笑いを誘っていたタレントがいました。

なるほど、確かに『加齢臭』という響きから想像される酸っぱい雰囲気と、カレーの絵柄やプンと香る独特の香辛料の香りは、思い浮かべると近いものがあるかもしれません。

しかし両者は全くの別物。

カレーに失礼ですね。

私の主人は現在50代後半。

加齢臭の大御所といっても良い年代になりました。

しかし厳密に考えた時、加齢臭ってどんな臭いかな?と思うのです。

一説には、「青臭さと脂臭さを併せ持ち、ロウソクやチーズ、古本のような臭い。

」と言われています。

ただ主人に限って言えば、むしろ40代の頃の方がにおっていた気がします。

これは厳密に言うと、加齢臭とは異なる『おやじ臭』だそうで、体から排出される物質が違うのだそうです。

加齢臭の主成分はノネナールという物質で、働き盛りの30代~40代の男性の臭い成分にはペラルゴン酸という独自の物質が含まれているそうです。

当時は「上手くは言えないけど臭い。

」という理由から、デオドラント効果のある石鹸を使わせていました。

柿渋石鹸や、炭石鹸、緑茶石鹸など、【体臭に効く】と書かれているものは何でも試してみました。

しかし当の本人が「変な石鹸を使うと肌が荒れるかもしれない。

」などと言い出して、折角私が買い集めた石鹸達を足蹴にしましたので、結局全く関係のない私が使っていました。

60歳も目の前になった今、以前ほど臭くない主人の体臭は、もしかしたらもうすぐお爺ちゃんの臭いに華麗な変身を遂げるのかもしれません。

モリンガ 美臭美人 効果について

関連記事

  1. モリンガは栄養価が高い健康食品です
  2. 加齢臭とデオドラント
  3. テスト